英語を日本語に訳すことはいけない事なのか?

学校の授業や試験の問題では日本語に訳させる授業が行われています。それに対して、翻訳させるなんてナンセンス、英語は英語で理解すべきだという批判もあります。本記事では、それらについての考えを述べていきたいと思います。

訳せないのは理解できてない証明

試験において、日本語に訳す問題を批判する人がたまにいます。

日本では相変わらず日本語に訳させている」
「英語は英語で理解すべきなのに」
英語を話す人はいちいち翻訳していない」

確かにその通りですが、試験批判としては的外れです。

理由を説明します。

試験では、受験者が英文をきちんと理解できているかどうかを知りたいだけです。いくら「私は、英語は英語で理解している」と言い張っていても、それは自称です。いざ「日本語で説明してください」と問われたときに言葉に詰まるようでは、実は理解できていなかったということになります。

「英語を英語で」というフィーリング組は、翻訳をとても嫌がります。なぜなら、今までフィーリングで理解したフリをしていただけなので、細かく突っ込まれると、理解してないことがバレるからです。フィーリングは「何となく」と同じです。それに対して、翻訳は厳密な世界です。日本語に訳させると、ごまかしがききません。

訳せないなら、理解していない、
訳せるなら、理解している、ということ

ただこれだけです。シンプルですね。訳させることはリトマス紙なんですよ。母語である日本語で説明ができないということは、理解できてないってことですからね。そのような「英語で理解しているフリをしているニセモノ」を暴くのが、日本語に訳させる試験の真の目的です。

翻訳を嫌がる人はニセモノの可能性が高いです。英語が出来る人に擬態しているだけかもしれません。だって、きちんと理解しているなら、日本語に訳すなんてサービス問題じゃないですか。

「訳せるけど訳さない」が理想

というわけで「訳せと言われれば訳しますが、普段は英語は英語で理解しています」が理想の状態です。

訳せるけど訳さないのと、
訳せないから訳さないのとでは、

意味が全く違いますからね。

意味が怪しい英文に出くわして、自分がその英文をきちんと理解しているのかどうか確かめたかったら、日本語で意味を説明してみてください。その日本語も怪しいようなら、あなたは英語を理解しているフリをしているだけです。厳密には理解していないということになります。

このように、理解の「確認」のために試しに日本語に訳してみるのは、大いにアリである、というのが結論です。