おすすめのオンライン英英辞典を教えます

英英辞書

こんにちは。gengoです。この記事では、おすすめの無料オンライン英英辞典を紹介します。今はデジタルな時代なので、紙で買う必要はそもそもありません。公式の辞典がネットでタダで使えるので、知っておくと得をします。ぜひ読んでいってください。

わかりやすさのロングマン英英辞典

アナタが英語初心者で、学習者向けの辞書を探しているなら、一番おすすめの辞書はロングマンです。

なぜかというと、そもそも学習者のために作られた辞書がロングマンの辞書だからです。とにかくユーザーフレンドリー優しくて、使いやすいのです。

おまけに、英英も、英和もしっかり対応しています。どうしても英英の説明がわからないときは、英和で調べることもできるので安心です。

つまり、売りは「わかりやすさ」です。

語学において、大切なことは、「わかること」ですので、しっかりと理解できるように解説してくれるロングマンは、学習者の強い味方となってくれます。

難しいと考えられている英英辞典も、ロングマンなら高校レベルの英語さえわかれば、使いこなせるようになります。おおよそ2000単語で、すべての言葉を説明してくれているからです。

英和でも、英英でも、わかりやすくて、かんたんなものをお探しなら、個人的にロングマンを強くおすすめします。

百聞は一見に如かずなので、きちんと自分の目で見に行ってください↓

ロングマン現代英英辞典のサイトに飛びます

きっちりしっかりのオクスフォード英英辞典

中級者、上級者におすすめなのが、オクスフォードの辞書です。真面目で、スタイリッシュで、かっこいいですから。

個人的に一番多く使っています。とくに英英辞典にはかなりお世話になってます。

理由は、例文や定義もキッチリしているイメージがあります。ロングマンほど、シンプルではなく、説明すべきところはキッチリ説明するって感じです。

例えばirrigate(灌漑する)という単語を調べてみましょう。

ロングマンだとこんな感じ↓
irrigate -to supply land or crops with water

一方、オクスフォード先生だとこんな感じ↓
irrigate -Supply water to (land or crops) to help growth, typically by means of channels.

ロングマン先生はシンプルに、オクスフォード先生の方はしっかり、きっちり説明してくれています。

初心者がロングマン、中級者以降がオクスフォードの理由、わかりますよね。

あなたが、初心者ならロングマンを、中級者ならオクスフォードを使っていきましょう。

オクスフォードの公式の辞書、レキシコのサイトに飛びます

その他の英英辞典も紹介しちゃいます

このあとは、個人的に使ったことのある辞典をバンバン紹介します。

が、注意が一つあります。

必ず、自分に一番しっくりくるやつを選んでください。

サイトが重いだとか、広告が邪魔だとか、デザインが気に食わないとか、いろいろありますから。私も、人に勧められた辞書がどうも好きになれなかったことがあります。

自分の目で確かめて、実際使ってみて、自分のお気に入りの辞書を見つけましょう。

オクスフォードラーナーズ辞典
こちらはオクスフォードの学習者版です。かんたんヴァージョンってことです。ぶっちゃけ役割がロングマンと被っちゃってますが、こちらも地味におすすめです。ずっごくシンプルで、サイトが軽くて使いやすいです。

コリンズ辞典
名前が可愛いです。類語が充実していて好きでしたが、サイトのデザインが変わって少し見にくくなったような…紙の辞書である”Essential Learner’s Dictionary”は大好きです。

ウェブスター辞典
アメリカの古~い歴史のある辞典です。伝統!つまりそういうことです。

マクミラン辞典
2002年にアメリカ人とイギリス人の共同で作られた新しい辞書。コーパス、データベースをもとに、実際に高頻度で使われる言葉をカバーしていると謳っています。

ケンブリッジ辞典
名前がなんかカッコいい、重みを感じるイギリスの大学が出版している辞書。日英対応とありますが、今のところほとんど対応していません(涙

こう見ると、いろいろありますよね。まあ日本語の辞書も、広辞苑とか大辞林とか新明解だとかいろいろありますもんね。

で結局、おすすめの英英辞典は…

あれこれ紹介しておいてアレなんですが…

私は最終的にロングマンオクスフォードの二つに落ち着きました。

なにせ一番安定しています。日本でも有名なのは伊達じゃありません。

音声も充実しているし、定義もわかりやすくて美しいし、例文もたっくさん充実しています。

「じゃあなんで色々紹介したんだよ!!」

と、ツッコミを入れたくなるかと思いますが、

皆さんにも色々知ったうえで、やはり良い辞書を使ってほしいからです。比較したうえで

やっぱりコレだなぁ

って辞書を見つけてほしいからです。

で、どれを使えばいいか迷っている人は、ロングマンオクスフォード使っておけば間違いありません。

というわけで、記事は以上となります。

ここまで読んでくれて、ありがとうございましたm(__)m

追記:

少し変わった辞書をあとで紹介するので、興味のある方はこのサイトをブックマークしておいてください。