英語をマスターするために絶対に必要な三層ピラミッドとは?

こんにちは、裏英語の人です。今日紹介する動画は、いくつもの言語を勉強しているポリグロットと呼ばれる人の勉強法です。

なんとなく英語を勉強してるけど、成果が出ないひとは必ず見るように。あなたが英語をマスターできない理由は、この「三層ピラミッド」ができていないからかもしれません。

めちゃくちゃ本質的で硬派な内容になっています。リスニングの練習にもなるので、必ず見るように。

英語のコア学習をやってますか?

もっとも大切なものとして挙げられているのが、この「コア学習」です。彼女の提唱する、三層ピラミッドのベースにもなっています。

このコア学習とは、毎朝欠かさずにするルーティーンのようなものです。一年を通して、変わらずに、一貫して続けることです。

ダイエットでいうところの、毎日欠かさずにする散歩のようなもの。気分で、ちょくちょく変えたりはしません。絶対に毎日やる、と決めたやつのことです。

彼女の場合は「単語の学習」をコア学習としています。彼女は、6言語を同時に勉強しています。毎日かならず、それぞれの言語で、14単語を新しく学んでいるそうです。

無理のない範囲で、毎日、一年を通して続けられるような分量がベストです。無理をして燃え尽きてしまったら元も子もないですからね。

英語をマスターしたければ、まずこの「コア学習」を確立させることが大切になります。自分にとっての「コア学習」はいったい何かを考えてみましょう。

ちなみに、彼女はこの「コア学習」を、チャレンジングな方が良いと言っています。でなければ成長できませんからね。

「持続可能で、チャレンジングでもある」というのが、一番の理想の「コア学習」といえるわけです。

それから「微調整してよい」とも言っています。決めたことが、決めた通りにいくことなんてありませんからね。

毎日欠かさず、一年を通してする練習」これが一つ目のコア学習です。英語ができるようになりたければ、この「コア学習」が必須であることを忘れてはいけません。

英語のサプリメンタル学習とは?

「サプリメンタル学習」とは、補足の学習のことです。三層ピラミッドの、二層目になります。(一層目は「コア学習」です)

ここで大切なことは、自分が好きで好きでたまらなく、自分がしたいことをするという点です。なのでエンターテイメントなどがメインになります。もちろん学術書に興味がある人は、それを読みまくることもサプリメンタル学習です。

これは、ちょくちょく変えても構いません。したいことは、その日の気分によっても変化しますから。

一層目のコア学習は、毎日欠かさずに決まってやるトレーニングなのに対して、この二層目のサプリメンタル学習では、やりたいことをやりたいようにやります。変化もさせてOKです。

具体的には、好きな本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、好きなユーチューブの動画を見たりすることです。Netflixやhulu、アマゾンプライムなどで好きな番組を見るのも、このサプリメンタル学習になります。好きな分野の学術書や論文を読み漁るのも、サプリメンタル学習です。

ポイントは、「勉強してる感が無い」ようなことをするということです。好きなことを、好きなようにするわけですから。

彼女はそこで「ネイティブスピーカーがやっていることをエミュレイトしろ」という表現を使っています。エミュレイトとは、再現のことです。

ネイティブスピーカーは、英語「を」勉強していません。英語「で」勉強しているのです。英語「で」コンテンツを楽しんでいるのです。

それを、私たちも「エミュレイト(再現)せよ」ということです。

これが、ピラミッドの第二の層の「サプリメンタル学習」です。これもまた、英語ができるようになりたいなら、必須の活動になります。

英語のセレンディピティ学習とは?

ピラミッドの第三層目が、この「セレンディピティ学習」です。セレンディピティとは、すごくかんたんに言うと「偶然」のことです。

計画していないもの、意図していないもの、事故的なもののことを指します。ラッキーイベントみたいなやつです。

では、なぜこのセレンディピティが大切なのか。

それは自分の枠(わく)の外にでるためです。

人は「好きなことを好きなようにやってよい」と言われると、決まったことしかやらなくなってしまう、という性質があります。

こどもに、好きなものだけ食べればいいと教えると、アイスクリームとお菓子しか食べない子になるかもしれません。

そこでセレンディピティ。偶発的に、思いもしないものを食べてみる。そうすると新しい発見がある。新しい味に出会う。それが次の好きなものになるかもしれません。

そうやって、偶然性を利用して、自分の枠の外に出ようとする、新しい発見をする、それがセレンディピティの効用です。

これを英語の勉強に当てはめてみると、普段は手に取らない本を手に取ってみる。普段話さないような人とも話してみる。普段行かないウェブサイトを見てみる。色々あります。

ユーチューブでも、同じような動画しか見てない人が、普段見ないような動画を見てみるのもまた、立派なセレンディピティ学習です。

そうすることで、知識を広げることができるのです。

同じことをひたすら繰り返して知識を深めるのも立派な学習ですが、他の分野にも触れて知識を広げるのもまた、立派な学習ということです。

英語をさらに進化させたければ、このセレンディピティ学習もまた、欠かせません。

コア学習サプリメンタル学習、そしてセレンディピティ学習のこの「三層ピラミッド」が、しっかりできているかどうかを確認しましょう。

これらは下から順番に重要なものになっています。

土台である「コア学習」をまずしっかり確立させましょう。そしてその上に、サプリメンタル学習、そしてセレンディピティ学習を追加していくという感じです。

以上が「三層ピラミッド」の話でした。

英語学習に大切な哲学とは?

最後におまけです。動画の内容+裏英語の人の意見

無理をしないこと。素直に。正直に。

単純に無理をしてはいけません。負担だと感じてしまうと、脳がそれを無意識に嫌がるようになり、最悪のケースで辞めてしまいます。そうならないためにも無理だけはしないように。

自分の学習に責任を持つこと

自分の学習の主導権は、自分で握りましょう。他人はあなたのために何もしてくれません。あなたの学びは、あなたが何とかしなければいけません。「お金を払ったから、教えてくれ」そういう人は学べません。

どんどんやる。止まってはいけない

立ち止まって考えたい気持ちはわかりますが、止まっているときは、何も進化成長しませんので、とりあえず、やりましょう。とりあえず、読む。とりあえず、聞く。転んでもただでは起きぬ、という気持ちが大切です。前へ、前へ。

自分を楽しませること。退屈させないこと

英語学習でもっとも大切なことの一つがコレ。飽きたらお終いです。面白いと思うから、繰り返しできて、学べるのです。面白くする工夫は全力でやりましょう。これさえきちんとできていれば、絶対に成功します。

調節すること。その試行錯誤の中で確立させること

一度決めたら、変えられない人がいますが、それは間違いです。押してダメなら引いてみることが大切です。うまくいっていないのに、同じやり方をやり続けるのはナンセンスです。調節しながら、自分の一番良いヤツを確立させましょう。

ネイティブがやるであろうことを再現せよ

英語「学習者」から、英語「使用者」に進化しましょう。「英語を学ぶ」人から「英語で学ぶ」人へと進化しましょう。息を吸うように英語に触れる。勉強している感覚が無くなるまで。

教育とは選ぶことで、内からくるもの

自分で選ばない人はダメな人です。自分がやりたいから、やるのであって、他の人が言ってるから、やるというのは間違いです。自分の内側から湧いてくる興味をもとに、自分の意志で、何を学ぶかを決めましょう。

You can take a horse to the water, but you can’t make him drink. 馬を水辺に連れていくことはできても、飲ませることはできない

※このサイト「裏英語」は、管理人が厳選した、世界の凄そうな人の知識をまとめて、あなたに紹介します。知識のセレンディピティを求めている方はぜひ、他の記事も見てみてください。素敵な出会いがあるかもしれません。